【6/10まで】「大学3年生の声を届けよう」アンケートにご協力ください



静岡県内在住の大学3年生のみなさんへ

この数年、インターンシップが企業のプレ採用活動としても広がりましたが、新型コロナウイルス感染の影響により、インターンシップ実施を検討しながらもそれに代わる活動やプログラムを考えていきたいという企業も多くあります。

一方、インターンシップを含めた就活準備に漠然とした焦りや不安があるという大学3年生も少なくないようですが、このまま企業や就職情報会社からの情報を待っているだけでよいのでしょうか。
企業担当者が考えるプログラムは大学3年生のニーズを本当に満たしてくれるのでしょうか。
変化を迫られる今だからこそ、何が自分に必要なのかを他人事ではなく、自分事として改めて考えてみませんか。

このアンケートは
・静岡県内在住の大学3年生のリアルな声をまとめ、
・学生が期待・希望するこれからのプログラムを地域の社会人や企業に提案し、
・一緒に構築すること
を目的としています。

本趣旨を理解いただき、できるだけ多くの方がアンケート協力してくれることを願っています。ご協力よろしくお願いいたします。

なお、アンケート結果については、NPO法人ESUNEのホームページに公開いたします。

------------------------------
■「大学3年生の声を届けよう」アンケートフォーム(Googleフォーム)
※約5分ほどで終了する内容です
※5月28日を一旦の締め切りとしております。
------------------------------

「大学3年生の声を届けよう」調査プロジェクト
静岡大学 学生支援センター 宇賀田栄次
よそごとワガコト研究所(NPO法人ESUNE)天野浩史



本調査に関するお問い合わせは、NPO法人ESUNE事務局へ
info★s-esune.com(担当:天野)
★を@に置き換えてご連絡ください。

コメント