役員・スタッフ紹介

役員紹介

2019年6月8日に行われた定期総会にて、役員改選が行われました。また、その後の理事の互選により、以下の役員体制で2年間運営してまいります。
(NPO法人ESUNEでは、役員の任期は1期2年としております)
※2021年3月10日臨時総会にて、役員変更が決議されました。

 代表理事  天野 浩史
  大正大学地域構想研究所地域支局研究員
  一般社団法人ミライヌ代表理事

 副代表理事  斉藤 雄大
  NPO法人ESUNE   事務局長
 
 理事  国保 祥子
  静岡県立大学経営情報学部・大学院経営情報イノベーション研究科准教授
  株式会社ワークシフト研究所取締役
 
 理事  田中 義朗
  日本工営株式会社
  一般社団法人富士山チャレンジプラットフォーム代表理事
 
 監事  井上 美千子
  NPO法人しずおか共育ネット代表理事


スタッフ紹介(事務局メンバー)

ESUNEでは、大学生から社会人まで、様々な立場・所属のメンバーによって事業・活動を運営しています。

■事務局本部

日常的な業務や全体のマネジメントを行なっています。

代表理事(事業責任者) 天野浩史

1991年愛知県岡崎市生まれ。高校卒業後、静岡大学理学部物理学科へ入学。在学時に菊川市倉沢の棚田の保全活動に関わって以来、地域づくりの推進に従事。大学卒業後、求人メディア会社を経て、2016年2月にNPO法人ESUNEを設立し、代表理事に就任。人と地域・社会との関係性、人と企業・団体など組織内の関係性を捉えなおす場や、市民参加プロジェクトの企画、「ひらかれた場」の創り手の支援に取り組む。また、大正大学地域構想研究所地域支局研究員として、藤枝市・静岡市での地域連携や首都圏との連携を推進。


理事兼事務局長 プロジェクトコーディネーター 斉藤雄大

愛知大学地域政策学部卒業後、地域金融機関にて営業を経験。
2019年8月よりNPO法人ESUNEにて、事務局業務と地域企業や公益活動を行う団体に関わるローカルプロジェクトの設計、マッチング、伴走支援を行なっている。障がい者・外国人・非移住者も被支援者や観光客としてだけでなく、主体性を持って地域と関われる社会の実現に向けて活動中。



学生ディレクター 宮地珠妃

静岡大学地域創造学環3年生


■正会員・社会人スタッフ・学生スタッフ

プロジェクトベースで活動しています。理事を含め、2021年1月現在、社会人18名、大学生17名が所属しています。静岡県外や、年に数回など、関わり方は多様で、それぞれにあった関わり方(意味)を生み出すことを大切にしています。

コメント