【モニター参加者募集中】企業・法人向け研修プログラム「Diversity Field Study」プロトタイプ版体験会を開催します




企業活動だけではなく、生活の中でも重要視されている「多様性(Diversity)」。

「大切である」と思う人は多くなっている一方で、「多様性を体感した」「多様性が力になる」ことを実感し、多様性を活かすことができている人は少ないのではないかと思います。


私たち、NPO法人ESUNEは「やさしく、あたらしく、あなたらしくなれる社会」を目指して、近年、企業・法人向けのプログラム開発を進めてきました。

現在、「経験、体感、対話で学ぼう、多様性。」をコンセプトにしたプログラムの開発を進めており、この度、プロトタイププログラムを実施することとなりました。


テーマは「障害」です。


実践家による座学と当事者との対話を通じて「障害とは何か」を考える2時間半。

最近、障害者について考えたことはありますか?

小学校の時、目の見えない人とアイマスク体験をした。車椅子体験をした。などの経験がある方もいると思います。

一方で、障害のある人はどうやって暮らしているのか、どんな仕事をしているのかについて考えたことはありますか?

知識として障害者の雇用について必要事項を学ぶだけでなく、様々な視点からの「障害」について話しながら学ぶことで、物事の捉え方や人間関係での寛容さを身に付け、職場の安心感を高めてくれる人を育てる研修です。今後、社会人教育や企業研修としても活用していきたいと考えていますので、モニターとしてプログラムに参加・評価に関わってくださる方を募集しています。



日時:7月19日(日)13:00-15:30


プログラム案:障害当事者とともに経験・体感・対話するプログラムにご参加いただきます

定員:12名

対象:ダイバーシティの考え方を取り入れていきたい企業関係者様

参加費:無料

参加条件:ビデオ通話アプリZOOMを利用したオンライン参加が可能な方。

     顔出し音出し参加可能な方のみ。
     個人情報を多く含むプログラムのため、録画や内容のSNS等への投稿は禁止。

     トライアル企画のため、終了後アンケート調査へご協力いただける方。

参加申し込み方法:下記フォームへご記入ください。

https://forms.gle/naKzioz7o5UL9TGS9

申し込み締め切り:7月14日(火)まで
※定員に達し次第受付終了となります。

お問い合わせは:NPO法人ESUNE(担当 斉藤)

        info★s-esune.com(★を@に変えてください)

コメント