コロナ禍での国際交流、オンライン日本語教室を開催しています。

スタッフの斉藤です。

5月からESUNEで、オンライン日本語教室を行っています。
日本語教室といっても会話中心の日本語サロンのような場ですが、職業・年齢・国籍などさまざまで、今まで地域の日本語教室に関わったことのない方もたくさんボランティアで協力してくださっています。

5月24日には元技能実習生で現在フィリピンセブで日本語通訳をされているジョンさんに「趣味について」というトークテーマを用意していただき、みんなで話しました。

5月31日にはフィリピンセブ で日本語学校を運営する高山さんに「子どもの頃」というトークテーマを用意していただき、みんなで話しました。
国外から協力していただけるのも、オンラインならではのよさです。

コロナ禍の国際交流や社会参加の機会としての可能性を感じます。

また、現在参加している外国人はもともと掛川市や湖西市の日本語教室に通っていたというインドネシアやベトナムの技能実習生が参加しています。仕事が休みの日が増えたり、日本語脳力試験が中止になったりで、日本語を学ぶモチベーションが下がってしまう人も多くこの場が少しでも役に立てばいいなと思います。


6月も毎週日曜日の午後に開催予定です。
見学や一度だけの参加も可能です。ご興味のある方は下記へお問い合わせください。


問い合わせ:info★s-esune.com(★を@に変えてください)

担当:斉藤

コメント