静岡市地域デザインカレッジ基礎編にて自治見直しワークショップを実施しました



株式会社CoActさんよりお声がけいただき今年の春から研究・開発を進めてきた「自治見直しワークショップ」を、6月29日に行われた静岡市地域デザインカレッジで実施いたしました。

「災害があったときの対応は、平時(常日頃の日常)の自治に左右される」
という頭でわかってはいるけれど具体的な実感・イメージが湧きにくい命題を、全国で福祉事業所の防災や災害支援に関わるCoAct代表の渡嘉敷さんのお話、事例を元に、平時と被災後の避難所運営の結びつきを考えるプログラムとして開発を進めました。

受講くださったみなさんの反応から、私たち自身も様々な気づきをいただきました。
まだまだ完成形ではないので、今後修正を進め、他の自治体や町内会等で活用できるプログラムへと進化を目指していきたいです。

貴重な機会をくださったみなさま、ありがとうございました!

コメント