【受付終了】NPO法人ESUNE 第3期 学生スタッフ募集!


※受付終了しました。たくさんのご応募、ありがとうございました!

多彩な参加・協力・応援をつくるNPO法人ESUNEで学生スタッフ募集!

社会に広がる「孤立化」。
そして、引き起こされる社会問題からの「他人事(ひとごと)化」。

これらの問題に対して、ひとりひとりの「参加・協力・応援」の機会をつくり、解決する力・未来をつくる力を引き出すのが、私たち、NPO法人ESUNEです。

会社員(営業・企画・人事・・・)、大学の先生、学生など、事務局メンバーや理事・会員を含めると、30名近い学生や社会人が関わりながら、様々なプロジェクトを運営しています。
それぞれ関わる人々が持ち味を活かして、自分らしい「参画」をする、そんなチームです。

この度、第3期学生スタッフを募集いたします。
専門学校生、大学生、大学院生、既卒生、休学中の学生など、問いません。
第3期は、3つのプロジェクトそれぞれで、新しい仲間を迎えることとなりました。

新型コロナウイルスによって、多くの学生のみなさんも、「こんなはずじゃなかった」という気持ちを抱いていらっしゃるかもしれません。

学外での機会が不足する中、もし、
「現状を変えてみたい、自分自身を変えてみたい」
「少し勇気を出して新しいことにチャレンジしたい」
「まちづくりに関わってみたい」
そんな想いを抱く方を歓迎いたします。

企業、大学、行政、NPO、地域団体など、様々な方々とプロジェクトに取り組むESUNEで、地域づくり・市民社会づくりをともに考え、取り組みたい方、ぜひ一緒に活動しましょう!

募集概要(2020年9月1日告知)

■募集プロジェクト

【まちかど縁側プロジェクト】、【日本語サロンいろりプロジェクト】、【“はたらく”編集部プロジェクト】の3つのプロジェクトで募集いたします。


■採用人数・対象

各プロジェクト3名程度(第3期で9名程度を予定)
専門学校生・大学生・大学院生・既卒生・休学中の学生
(学年や学部・専門は問いません)


■期間
2020年10月〜2021年3月までの6ヶ月を予定
※その後、6ヶ月ごとに更新予定
※短期間のプログラムのアシスタントもできます。お気軽にご相談ください。


■プロジェクトと具体的に学生スタッフが取り組む内容

【まちかど縁側プロジェクト】

<どんなプロジェクト?>
新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、学校や仕事などの“目的をもった活動”はオンライン化していく中、『たまたますれ違ったあの子との他愛もない会話』や『誰かのところへふらっと会いに行ってみた』といった行動に関しては、コロナウイルスの影響でかなり少なくなってしまったのではないでしょうか。
そんな中、今年の4月からはじめたのが『まちかど縁側』というプロジェクトです。

何かの学びや目的のために集まる場所ではなく、誰もがふらっと訪れることができ、1人1人が大切にされ、安心していられる空間。
縁側を開く家主と、そこに集まった人たちで、ゆる〜くお喋りをしたり、ご飯を食べたりするだけの時間を企画しています。
今はまだ、感染防止対策のためオンライン上での活動がメインとなりますが、いずれはオフラインでの縁側活動も企画していくつもりです。
ひとりひとりが大切にされ、安心できる空間づくりに興味のある人、いろいろな人とのつながりや、つながりの生まれる場を作りたい人、ぜひ一緒に活動しましょう。

<どんなことを学生スタッフはするの?>
縁側を開く人(家主)や、縁側スタッフとして、縁側に遊びに来た人たちが、安心できる空間づくりをしてもらいます。
また、現在は、まちに縁側を開く人を増やすため、『縁側ハンドブック』の作成に取り組んでいます。それに向け、縁側活動後の振り返りや情報の収集を行い、最終的には自らが縁側活動を通じて得た知見を、形として発信してもらいます。

【日本語サロンいろりプロジェクト】

<どんなプロジェクト?>
今年6月に行ったオンラインでの日本語教室の活動をアップデートし、9月から新たに再スタートするプロジェクトです。
簡単に言えば、静岡に暮らす外国人技能実習生と日本語でおしゃべりしたり、お互いの文化や言語を紹介しあったりするオンライン日本語サロンいろりの運営をしていきます。
外国語能力の有無は問いません。相手のことを知りたいという気持ちがあれば大丈夫です。
きっと、関わっていく中で、あなたの間近にいる外国人が身近な存在に変わっていき、言語だけでない学びや新しい視点を持つことができるでしょう。
また、オンライン日本語サロンいろりの仕組みができてきたら、外国人技能実習生だけでなく、外国籍児童・生徒へのオンライン学習支援にも応用して企画していく予定です。

<どんなことを学生スタッフはするの?>
まずは、いろりチームメンバーとして、技能実習生との会話を行うオンライン日本語サロンに参加し、会話や運営のサポートをしてもらいます。
外国人とともに暮らすのに必要な視点とは何か、またその視点を社会に広めるのに必要な企画を考えていきます。
静岡に暮らす外国人と交流してみたい、海外や国際協力などに興味があるけれど、コロナで活動が難しくなってしまった方、ぜひ一緒に活動しましょう。

【“はたらく”編集部プロジェクト】

<どんなプロジェクト?>
10月から新たにスタートする新プロジェクトです。
今、「働き方改革」や「働きやすさ」という言葉が広く知れ渡り、企業内部でも様々な取り組みが進められるようになりました。また、学生の多くの就職活動の際、「働きやすさ」を判断軸にすることも多くなっているように感じます。
でも、“はたらく”とは、なんなのでしょうか?私たちは、“はたらく”ということに何を求めているのでしょうか?
このプロジェクトは、そんな問いをきっかけにしつつ、様々な人の“はたらく”を取り上げて、この問いを考えるヒントにするため、編集チームを立ち上げ、取材活動や情報編集・発信をしていきます。

<どんなことを学生スタッフはするの?>
編集チームメンバーとして、静岡や全国で様々な「はたらく」をする人々を取材して記事にしたり、多くの人に“はたらく”という問いを考えるきっかけを届ける企画を考えることに取り組んでいただきます。取材や編集の経験を積んでみたい、立ち上がるばかりのメディアに携わってみたい方、いろいろな大人に出会ってみたい方は、ぜひ!


■活動日・時間

希望者と相談の上決定します。
週1日〜3日程度で企画・打ち合わせ・プロジェクト業務、資料作成等行ってもらう予定です。


■得られる経験

<企画を組み立て、実行するプロセスを学べます>
ESUNEの活動を一言でいうと「多彩な参加、協力、応援を生み出す企画づくり」です。
明確な要望に対応する場面から、こちらから企画を持ち込む場面もありますが、いずれも企画を組み立て調整し、実行するところまでを担います。

<企業、行政、NPO、大学・・・様々な人との出会いがあります>
ESUNEが関わるプロジェクトの領域は広く、企業の社会参加・人材育成に関する案件から、個別のNPOの支援、そして横断型の取り組みまで様々です。地域の未来をつくることに志を持つ人々との出会いが楽しい毎日です。

<地域の魅力や今起きている困り事など、社会資源・社会課題を知り、関われます>
出会いが多様な分、静岡のステキなこと、大切にしたいことを再発見することが多いです。また、ほっておけない困り事やそれに挑戦する方々との出会いが、この活動の原動力にもなります。繋がりを活かしながら、繋がりをつくりながら、魅力を磨き、課題が解消に向かうようなお手伝いをしていきます。


■活動場所

NPO法人ESUNE事務所(静岡市葵区駿府町1-56 2F-D)
もしくはオンライン
その他、静岡市内を中心に案件ごとに打ち合わせがあります。
※新型コロナウイルスの感染拡大状況によって会場等も配慮していきます


■必要なスキル・資格など

・基本的なPC作業スキル(ワードで文書が作れる、エクセルに入力できる、パワーポイントを使用できる、電子メールを使用できる、という程度を想定しています)
・誰かのために何とかしよう、と思える気持ち
・特別、資格などは必要ありません


■待遇

交通費支給、名刺支給
学生スタッフとしての活躍と本人の希望によって、事務局・理事での会議を経て、学生ディレクター(有償)として採用も予定しています。
第1期の学生スタッフ1名も、今年から学生ディレクターとして活動しています。


■こんな人におすすめ

・自分が関わりたいテーマが定まっていないけれど、地域や社会に関わる経験がしたい人
・静岡が好き・静岡をもっといいまちにしたいと思っている人
・周囲の人と協力しながら、0から1を作る経験がしたい人
・社会問題について、じっくり考えたい人


■事務局よりメッセージ

新型コロナウイルスの感染拡大は、世の中に大きな影響を与えました。
特に、人と人との関わり合い、社会や未来の捉え方は大きく変化しています。

これを読んでいる学生のみなさんも、もしかしたら、大きな影響を受け、
憤りを感じているかもしれません。不安を感じているかもしれません。

今回、募集する3つのプロジェクトは、ポストコロナ時代の
「あたらしい」人と人との関わり合い、社会や未来の捉え方を模索するプロジェクトです。

日常からなくなってしまった安心してお話ができる場をつくること。
在住外国人の人々が自分らしく暮らしていくための場をつくること。
これから“はたらく”を考え、発見を生み出す場をつくること。

憤りや不安を感じていて、ただ現状を眺めているのなら、
私たちと、現状を変えていくことを、ご一緒しませんか?

小さな活動ですが、みなさんと一緒に、育てていきたいと願っています。


■面談・活動開始までのスケジュール

(1)メールにてエントリー
(2)事務局長、学生ディレクターと面談(メールにて面談日を調整します)
なぜ応募しようと思ったか、活動を通じてどうなりたいか、何を学びたいか、などをお互いに話して理解を深めたいと思います。1時間ほど、ESUNE事務所、もしくはオンラインで予定しています。
(3)面談後、受け入れ返答(面談後、1週間以内にお返事いたします)
(4)活動開始(よろしくお願いします!)


■エントリー方法

メールにてエントリー受付しております。

「件名 学生スタッフ申し込み」とし、本文に
・お名前
・ご所属(学校名、学部、学年など)
・年齢
・希望プロジェクト
を入力の上、ご連絡ください。
後日、事務局よりご連絡いたします。

送信先
info★s-esune.com (★を@に置き換えてください)
(担当:事務局長  斉藤)

※ご不明な点、ご質問もあれば、上記アドレスへご連絡ください。

コメント