【終了】フューチャーセンターの育て方 改めて考える人・モノ・コトを編み直す運営方法



静岡でフューチャーセンターが始まって7年以上が経ち、フューチャーセンター間の連携・協働を推進するためESUNEが生まれて、5年が経ちました。

学生から社会人まで、今まで様々な方が紡いできてくださった未来志向の対話の場「フューチャーセンター」の実践・経験値、そして、これからの社会の変化を踏まえ、改めて「人・モノ・コトの関係性をほどき、結び、新しい価値をつくる場」の育て方を考える学び場を開催いたします。

県内フューチャーセンターのディレクター(運営者)も交えながら、対話の場をつくることに関心がある方、フューチャーセンターに関心がある方にも参加いただけるように、一般公開して開催いたします。

お気軽に、ご参加ください。

-------------------------------------------------------------
 フューチャーセンターの育て方
   改めて考える人・モノ・コトを編み直す運営方法
-------------------------------------------------------------

■日時
3月3日(日)10:00〜12:00
※9:45〜受付開始

■会場
静岡県立大学
経営情報学部棟1階 4106教室


■内容
そもそもフューチャーセンターとは何か?
また、地域に今、必要とされる場とは何か?を踏まえながら、
ディレクション(場の企画)、広報の仕方から運営の振り返り、その後の発展のさせ方など、フューチャーセンターを運営したことがない方向けに、ゼロからつくり、育てるフューチャーセンターの運営ノウハウをご紹介します。

■対象者
・フューチャーセンター運営者
・フューチャーセンターに関心がある人
・フューチャーセンターや対話の場づくりをこれから進めたい人


■参加費
無料


■講師
天野 浩史
NPO法人静岡フューチャーセンター・サポートネットESUNE 代表理事
----
1991年愛知県岡崎市生まれ。
高校卒業後、静岡大学理学部物理学科へ入学。在学時に菊川市倉沢の棚田の保全活動に関わって以来、地域づくりの推進に従事。大学卒業後、求人メディア会社にて営業、事業企画を経験後、2016年2月にNPO法人静岡フューチャーセンター・サポートネットESUNEを設立し、代表理事に就任。行政・企業・NPOなど多様な人材の社会参加支援、法人向け教育プログラムの企画開発、NPO・地域団体支援に取り組む。また、2018年6月より一般社団法人ミライヌの設立に参画し、代表理事に就任。大学・地域・企業・行政と連携したフィールド学習や地域振興を進めている。
大正大学地域創生学部非常勤講師。
アメリカン・エキスプレス・リーダーシップ・アカデミー9期生
東海若手起業塾10期生
----


■申し込み方法
下記、URLよりお申し込みください。
※参加申し込み時に受付する情報は、適正に管理し、本イベント以外の目的では使用いたしません。


■主催
NPO法人静岡フューチャーセンター・サポートネットESUNE
http://fcs-esune.blogspot.com/

※平成30年度第2回静岡フューチャーセンター・ディレクターズミーティングも兼ねての開催となります。

コメント