清水区ディスカッション「今一度、清水次郎長を見つめ直そう」が開催されました


清水区意見聴取事業清水区ディスカッションの運営を今年度ESUNEでは担当しております。

今年のテーマは「清水次郎長」。

明治維新から150年の2018年。明治期に活躍した清水次郎長にスポットライトを当てて、地域財産としてどう次世代へ繋いでいくか?を集まった32名の方々と一緒に考えました。


次郎長を伝える団体や取り組みの多さ、清水次郎長生家の復活に多くの方の寄付や支援があったことなど、参加していた高校生や20代30代の方にとって初めて聴くことも多く、その学びを深めながら各々が考えるアイデアを共有していきました。

今回のアイデアは、要素を汲み取り、翌年度の区の魅力づくり事業へ反映されます。乞うご期待!

静岡新聞朝刊・WEB版にも当日の様子が掲載されていました。
http://www.at-s.com/…/news/article/local/central/521520.html

コメント