高校生・大学生対象!SDGsをキーワードに働くこと、企業の取り組みを考える<学生のためのやさしいカイシャのみつけかた>開催!



静岡市主催<学生のためのやさしいカイシャのみつけかた〜SDGsで見つめてみよう>が
1月9日(木)17:30-20:30常葉大学草薙キャンパスで開催されます。

学生から、社会にいいことができる仕事をしたい、という声を多くの場面で聞くことが多くなりました。
ただそのとき、どういう視点で企業や仕事を見ればいいのか、は簡単には決められないですよね。
自分の人生観やこれからどういう道を進みたいかという意志にも影響しますし、本当にその企業の内情は広告やメディアではわかりづらいです。


このイベントは、SDGsをメガネに据え、静岡市内の企業が一体どんな取り組みをしているのか、表面上の社会貢献ではなく、事業を通じてよりよい社会をつくること、従業員の働きやすさ、働きがいをつくることに取り組んでいる企業を知り、交流する場です。
そのためのSDGsの知識はもちろん、就職・キャリアデザインという視点、また、自分の活動や仕事と社会をよくすることとはどういうことなのか、ゲストの方々からも学び、参加者(学生や企業の方)同士での学び合う場でもあります。

<視点を整理するウェルカムトーク>
しずおかSDGsネットワークの木下聡さん、静岡大学学生支援センター宇賀田先生からのSDGsと働く・企業の視点を持つウェルカムトーク。

<働き方、生き方を知るパネルトーク>
『捨てないパン屋』で有名な広島ブーランジェリー・ドリアンの田村陽至さん、静岡で中高生のSDGsコミュニティづくりに取り組む井上紗彩さん、東伊豆でローカルと都市との関係性を紡ぐNPO法人ローカルデザインネットワークの荒武優希さんを交えたパネルトーク。

<SDGsの観点で事業に取り組む企業のポスターセッション>
2つのパネルトークで考え方を整理しながら、実際に静岡市でSDGsの観点から事業・組織改善、パートナーシップを捉え直した企業のポスターセッション・交流会で出会います。

ファシリテーターはESUNE天野が務めます。
お知り合いの高校生や大学生・大学院生にぜひ、お声がけください!

https://www.city.shizuoka.lg.jp/750_000154.html

コメント