コトコト第1弾振り返り終了!3ヶ月弱お疲れ様でした!



昨年12月に募集を開始し、新年早々からチームが結成し始まった「コトコト第1弾 日本平動物園顧客創造プロジェクト」。

動物園という場・資源を「健康」という切り口で捉え直し、企業で働く人、大学生など、様々な持ち味を持つメンバー(コトシェフ)と一緒に、じっくり考え実験する3ヶ月。
苦悩と実践の末、おそらく日本初?の《ズーリハビリ》というプログラムが生まれました!

今日はそのブラッシュアップと振り返り会。
以下、今回のコトコトに参加してのメンバーの気づき・学びを一部ご紹介します!

-------
「業界の垣根を超えて取り組めたことに、とても意味があった。会社の中で考えているよりも、別の業界で福祉の企画開発ができて面白かったし、いろいろなものが出てきた!」

「お金はもらえなくても、それとは別の価値をもらえた!参加できてよかった」
「介護予防×動物園は日頃繋がらないけれど、組み合わせて新しいものを形にできた!」
「動物に触れ合うことが楽しいという高齢者が多かった。きっかけづくりは大切」
「理学療法士が今後の新しい働き方を考える機会にもなった」
「短期集中だからこそ、形にできた!」
「他者の視点で考えることは苦手だった。高齢者の視点に立って考えられるのは新鮮で学びが深かった」
「リハビリと動物園という組み合わせアイデアは、自分では発想できなかった!」
「企画を立てる、話し合いの仕方、議事録の書き方など、今まで経験したことのない機会になった」
「ありもしない組み合わせから、実際に形にできた!不可能なことは世の中にない!」
「こんな素敵なメンバーが集まって素晴らしかった!」
-------

ESUNEとしても初の取り組みを、素晴らしいメンバーと関係者の皆さんの協力を得て、実現できました!
本当にありがとうございました!
来年度から「コトコト」第2弾、第3弾と始まります!
自分の持ち味を活かして地域のプロジェクトに関わってみたい、力を試してみたい方、ぜひ一緒に始めましょう!

コメント